テレノイドケア

特に認知症状が重度化傾向にあり、周囲との交流が激減してしまった方や自閉症の方で周囲との会話が難しい方などがテレノイドに強い興味を持ち(本物の子供だと感じる方が多いです)、語りかける、一緒に歌を歌う、あやす、などの様子が見られることから、特養やグループホームでの利用が始まっています。

特養での導入効果や人材研修の効果については宮城大学老年看護学教室での共同研究が進められています。(2017年4月~)

※テレノイドに興味がない方や嫌悪を感じる方もいます。

telenoid-002

ショートレンタルパック

  テレノイドを介護で使う 新しい時代の「交流」ツール
  • 3泊4日\35,000-(税別・割引適用あり)

研修プログラム

ロボットを教材にする 新しい対話学習の形
  • 入門編 座学、操作体験 \5,000‐/名(割引特典あり)
  • 導入編 座学、グループワーク、現場実習 \300,000-~/施設

購入パック

ロボットと暮らす 新しい介護の形

  • \600,000‐(税別・操作端末等込み)

サービス概要リーフレット(PDF)