コミュニケーション支援サービス開始

認知症のコミュニケーション力を引き出す

認知症状の発症によって、コミュニケーションエラーが生じると、次第に明るかった表情が曇り、イライラしたり無気力になったりということが起こります。

そうした普段無口な方が一生懸命に語りかけたり、笑顔で抱きしめる様子を見た職員や家族は笑顔になり、施設に活気と意欲が戻るなど好循環が生まれます。

コミュニケーションロボットを使った
「新しい介護職員向け研修」

入居者の気持ちを会話から引き出すコツを学ぶ研修。
職員の対話スキル向上で職員の「対話力」のバラつき解消を目指します。

コミュニケーションロボットを使った
「高齢者おしゃべりサービス」

プロのオペレーターによる朗読や歌、おしゃべりで
楽しい時間を提供します。

  • ハグビーおしゃべりサービス
  • テレノイドおしゃべりサービス

※2017.4月よりサービス提供エリア拡大予定

詳細>>> テレノイド計画のサービス紹介リーフレットPDF

Follow me!